喋りに自信ない人は|風俗なら、ありえないほどの高収入が期待できます
青い服の女性

どんな人にも向きや不向きといったものがあると思います。
たとえばあなたがもし喋ることを苦手としているのなら、風俗選びの際にも注意していかなければいけません。
風俗の仕事というのは性的サービスを提供するのはもちろんですが、それ以外にも基本的にはお客さんと楽しく会話でコミュニケーションをする必要があります。
だからプレイテクニックがあるからといって、喋りが下手な人はなかなかリピーターを獲得しにくいのが事実です。

しかし会話テクニックについては人それぞれ持ち合わせている人とそうでない人がいると思います。
そこで会話テクニックがなくても成り立つ風俗をここで紹介しておきましょう。
それがまさに「ピンサロ」になります。
他の風俗とは違って、ピンサロという風俗ではあまりお客さんと会話をするような機会はありません。
なぜなら、ピンサロは接客時間がかなり短くなっているからです。
厳密にいえば「花びら回転」というシステムのおかげで、短めに設定されています。
このシステムの内容は、10分ごとに他の風俗嬢と交代しながら接客するというもの。
そのため、喋る暇はあまりなくほとんど10分間プレイに集中することになるのです。
だから接客についてはサクッと終わらせることができます。

ただし逆にいえばピンサロの仕事はプレイが上手な人じゃないと働き続けるのは厳しいでしょう。
しかもほとんどフェラチオと手コキになるので、プレイに関するテクニックはかなり重視されます。
特にフェラチオははっきりとうまいか下手かわかるプレイなので、事前にしっかり腕を上げておくのをおすすめします。